南京事件・第八章


第 八 章 恶 魔 的 阴 谋

以上各章,主要叙述了日军在占领区内直接伤害人民生命的暴行,还涉及到了日本占领后以有组织,有计划的手段放火,破坏人民财产的状况。实际上,日军破坏人民的财产,其范围之广是世界人士远远意料不到的。

 

 悪 魔 の 陰 謀

以上の各章では、主として日本軍が占領区において直接に人民を傷つけたり命に関わる暴行を働いたことについて述べたが、ここでは、日本軍が占領後に行った組織的、かつ計画的な放火や人民の財産を破壊した状況について叙述する。実際のところ、日本軍が破壊した人民の財産は、その範囲の広さにおいて世界の有識者にとってもまったく思いも寄らないほどのものであった。

 

中立的外国观察员曾赴日军占领下的长江下游的三角地带旅行,进行了观察。根据他们的报告,破坏和毁灭的状态,决不局限于上海及其附近地区。所有的较大城市,例如南京,无锡,苏州,镇江等,以及江南田野上点缀着的无数村镇都同样遭到浩动。他观察到那种状况与上海状况同样,大部分财产的毁灭并非是战争直接引起结果,而是日军占领后造成的事实。

 

中立的な外国人オブザーバーが日本軍の占領した長江の下流の三角地帯を以前に旅行し、そのあたりを視察したことがあった。彼らの報告によると、破壊や壊滅の状態は、決して上海やその周辺地区に限定されるものではなく、例えば南京、無錫、蘇州、鎮江などの比較的大きなすべての都市や、長江下流の南岸一帯の田野に点在する無数の町村までもが同じように広く被害に遭っていたというのである。彼らはそれらの状況が上海と同様であり、大部分の財産の破壊は戦争による直接的な結果として引き起こされたものではなく、占領した後に日本軍が作り出した事実であると見なしたのである。

 

日军的暴行直接地给予中国人民的痛苦是极度深刻的。无数的田园,住宅被毁坏,特别是全面地毁坏和掠夺了生产工具,使中国民众陷入悲惨,黑暗的深渊。这些战争的间接结果也许不象直接结果那样辛辣。但是对于一般民众而言,生产和生存工具的绝灭与成千上万的人被奸淫屠杀相比较,在其影响上实在更为可怕。

 

日本軍の暴行が直接的に中国の人民に与えた苦しみは極めて深刻なものであった。無数の田園や住宅が損壊されたが、全面的に破壊されたり略奪されたりしたものは、とくに生産用の器具であり、そのことが中国の民衆を悲惨で暗黒的な深淵に陥れることになった。この戦争の間接的な結果は、直接的な結果ほど厳しいものではなかったかもしれないが、一般の民衆について言えば、生産物と生産用具を失ったことは、何千何万人が姦淫や虐殺に遭ったことに比べても、実際的な影響はさらに恐ろしいものであったのである。

 

当然,我们目前无法确切统计,但至少根据上海及长江三角洲地区的若干城市搜集的材料,能够计算出由于战争和战争后的破坏所遭受到的损害程度,苏州河以北的公共租界,包括虹口,杨树浦以及汇山各区,公共租界高于百分之三十三,至今仍在日军的占领下。最近对外国人已经逐渐开放,这样,外国人可以详细调查由过去三个月战争造成的影响,发现一般人无法了解的日本人的许多活动。以下进行叙述。

 もちろん我々には、今のところ確実な統計を持つすべはないが、少なくとも上海および長江の三角州地帯の若干の都市で集めた資料によるだけでも、戦争と戦争後の破壊によって受けた損害の程度を計算することはできる。蘇州河以北の共同租界は、虹口、楊樹浦および滙山の各区を包括し、共同租界の百分の三十三以上が今でも日本軍の占領下にあるが、最近は外国人に対してはすでに解放されるようになった。こうして外国人は過去三か月に及んだ戦争のもたらした影響を詳細に調査することができるようになった。そこで、一般人には理解できないような日本人の行動の多くを見いだしては、それを以下のように述べることとする。

 

上海公共租界工部局报告,极其详细地记载了有关一部分作为工业的上海区城内工厂的破坏状况。这也许可以说是最确切的统计了。依照一九三八年一月七日第一次报告公共租界东区和北区有九百零五家工厂遭到破坏。平时雇佣的职工有三万零八百六十八人。这些工厂和工场全部被烧毁。此外,约一千家左右大大小小的工厂和工场,也受到相当严重的损害。该报告叙述到“无法详细地讲清这些工厂的状况究竟如何,但确实知道若干个规模较大的工厂,所有的机械设备不能再使用了,必须更换被侵占,遭掠夺的工厂其证据甚为普遍。恐怕所有的工厂都无法恢复工作了”

 

上海の共同租界工部局の報告は、一部の工業に関する上海地域内の工場の破壊状況をきわめて詳細に記載しているが、もしかするとこれが最も確実な統計であるのかもしれない。一九三八年一月七日の第一次報告によると、共同租界の東区と北区の破壊された工場は九〇五軒で、平時に雇用されていた職工は三〇八六八人であった。こうした工場と作業場はすべて焼き払われてしまった。このほかに約一千軒前後の大小さまざまな工場や作業場がかなり重大な損害を受けたのだった。その報告によると、「結局のところ、これらの工場の状況がどのようであったかを詳しく述べることはできないが、若干の比較的大きな工場が所有していた機械設備は再び使用することができなくなり、交換しなければならないことは確実であり、さらには横領されたり略奪されたりした工場の証拠は、いくらでも挙げることができる。おそらくこれらの工場はみな復旧して仕事ができるようにはならないであろう」。

 

上海较大的工业区并不在租界内,而在闸北,浦东,曹家渡,南市,龙华寺等处。因此,租界内工厂的损失与全上海的整个工厂的损失相比较,仅仅不过是一小部分。闸北基本上全部毁灭了。一九三二年的中日战争仅一个月,其损失达四亿九千四百四十八万七千美元,相当于一亿英镑(据上海总商会的统计)。闸北受创最大,惨淡经营了五年还是处于没有完全恢复的状态。与法国租界相邻的南市是旧上海城的重要工业区。这里没进行过激烈的战斗,中国军队于一九三七年十一月底撤退。从十二月,一月,二月直到三月,南市变成了火窟,百分之八十以上的房屋受到火的洗动。这完全是日军占领后,放火把无数的店铺,工厂化为灰烬。江南造船厂也大部分被烧毁。与上海隔着黄浦江的浦东工业区也遭到同样的命运。规模最大的中国酒精厂的内部装备着新式的美国机器,享受华中的专利权,但仍然未能逃脱灾难。

华中・・・華中。長江の中流域の湖北省・湖南省一帯を指す

 

上海の比較的大きな工業地区は、租界内にはなく、閘北、浦東、曹家渡、南市、龍華寺などにあった。従って、租界内の工場の損失は、上海全体の工場の損失に比べれば、わずかにその一部に過ぎなかった。閘北はほとんど全部が破壊された。一九三二年の中日戦争は、わずか一か月で、その損失が四億九千四百四十八万七千アメリカドルで、一億イギリスポンド(上海総商会の統計による)に相当した。閘北の受けた被害が最も大きく、五年間も四苦八苦してきたが、まだ完全には回復できない状態にある。フランスの租界に隣接する南市は、旧上海地区の重要な工業地であったが、そこでは激烈な戦闘は起こらず、中国軍隊は一九三七年十一月に完全撤退した。十二月から一月、二月から三月にかけて南市は火の海と化した。八割以上の家屋が火の洗礼を受けたが、そのすべては日本軍が占領してから後に起こったものである。無数の店舗が放火され、工場は灰燼と化した。江南の造船所も大部分が焼き尽くされ、上海を黄浦江で隔てている浦東工業地区も同様の運命をたどった。規模の最も大きかった中国酒精の工場内部は、アメリカ製の新式機械が整備されて、華中に置ける特許権を得ていたが、やはり難を免れることはできなかった。

 

上海及附近的工业建筑,有的全毁实在是举不胜举的。下面揭示的上海公共租界工部局的统计,表明了仅限于公共租界内遭破坏状况的一部分。

 

上海およびその付近の工業建築物は全壊のものがあって、実際にすべてを挙げることはできない。下に掲げるものは上海共同租界の工部局の統計で、共同租界内に限定されるが、その破壊された状況の一部を表している。

 

工业类别 遭完全破坏的工厂 从前雇用的工人数字

细木工业 23 792

木器 2 44

铁业 72 1241

机械业,铁器业 410 6219

车业 3 33

砖业,玻璃业 8 405

化学业 49 564

纺织业 136 4687

服装业 44 3476

皮革业 19 556

食品,饮料,烟草业 40 10278

印刷业 75 1649

科学仪器,乐器业 3 140

其它 21 784

总计 905 30868

就此一九三八年三月十九日上海《密勒士评论周报》发表了以下的评论:

 

工業類別           完全に破壊された工場     以前の雇用されていた労働者の人数

木工、大工業             23                792

家具製造業               2                 44

鉄業                 72               1241

機械業、鉄器業           410               6219

自動車業                3                 33

煉瓦業、ガラス業            8                405

化学業                49                564

紡績業               136               4687

衣類業                44               3476

皮革業                19                556

食品、飲料、煙草業          40              10278

印刷業                75               1649

科学機器、楽器業            3                140

その他                21                784

総計                905              30868

上記の件について、一九三八年三月十九日に上海「チャイナ・ウィークリーレビュー」は次のような論評を発表した。

 

大部分这样的工厂和工场的规模小,雇佣的职工不多,计算其确实的平均价值是非常困难的。根据负责上海的一家美国洋行(经营机械贩卖)的经理告诉记者,这些厂家的损失,每家大约从五千美元起,到一百万美元止,南洋烟草公司总厂全部被破坏,损失达六十六万美元。商店受到的损失大体能够推测,根据公共租界工部局捐务处负责人说,被毁的商店至少有十万家。其中包括店主的住宅和财产。这样的商店不是被烧毁就是被抢动一空。如果我们驱车经过虹口,杨树浦,闸北及南市等处,街道两旁尽成废墟,连绵延续数英里。一九三二年※淞沪战争之后,宽约一英里,长二英里的面积受到严重的损害。这次三平方英里的面积内,往往片瓦无存,不足为奇。许多地方被破坏的状况简直难以形容。两路管理局附近的无数小店铺,楼房,住宅,全部遭到轰炸,把所有的一切都炸得粉碎。

淞沪战争・・・第一次上海事変。侵略戦争である「満州事変」から世界の目をそらすとことと、中国国内に激しく巻き起こった抗日運動を鎮圧するために、1932年1月に日本の軍部が謀略的に引き起こした日中両軍の衝突事件。中国軍の頑強な抵抗にあって、同年5月に停戦協定を締結して日本の陸軍は撤退した。

 

このような工場や作業場の大部分は、規模が小さく雇われていた労働者の数も多くはなかったので、その確実な平均値を計算することはきわめて困難だった。上海のあるアメリカ商社(機械を販売する営業)の社長が記者に語ったところによると、これらの工場の損失は、一つの工場につきおよそ五千ドルから百万ドルほどのであり、南洋煙草会社の総工場の場合は、全体が破壊されたので、損失が六十六万ドルに達したという。商店が被った損失についても大まかな推測ができるが、共同租界工部局の税務担当の者の言によると、破壊された商店は少なくとも十万軒で、その中には商店主の住宅や財産も含まれるとのことであった。このような商店は、焼き払われたか略奪されて無一物になったかのいずれかである。もし我々が車を走らせて虹口、楊樹浦、閘北および南市などの地域を通過するならば、道路の両側がことごとく廃墟と化し、それが延々と何マイルも続いていることがわかるだろう。一九三二年の上海事変の後には、幅約一マイル、長さ二マイルに及ぶ面積が重大な損害を受けていたので、今回は、三平方マイル以上の面積内の至る所に瓦のかけらすらないことが不思議だと思えないほどであった。多くの地方で破壊された状況は、簡単に形容することは難しいが、両路管理局付近の無数の小店舗、ビル、住宅などはすべて爆撃に遭って、所有するすべての物が粉砕されていた。

 

记者同刚从东京来沪的一位日本朋友视察了上海及近邻,他大吃一惊,愕然久之,只感慨地说了一句活:‘真象我们的大地震!’他是指一九二三年毁灭东京和横滨的大地震。

大地震・・・関東大震災。1923年9月1日に相模湾を震源として発生した大地震で、関東一円に大被害をもたらした。マグニチュード7.9、最大震度7であった。全壊家屋13万戸、全焼家屋45万戸、死者・行方不明者14万人。

 

記者は東京から上海にやってきた一人の日本人の友人と一緒に上海およびその周辺を視察した。彼は非常に驚き、しばらく愕然としていたが、そのあとで「これはまさしくあの大地震と同じだ」と感想を漏らした。彼が指していたのは、一九二三年に東京と横浜を壊滅させた大地震のことであった。

 

同时期,该报发表了苏州河北岸受损失的统计。这个统计由一个具有丰富的远东贸易和商业活动经验的美国人提供的:

 

同時期に、同紙は蘇州河北岸における損失の統計を発表した。この統計は、遠東貿易と商業活動に関して豊富な経験を持っているアメリカ人が提供したものである。

 

损失性质 损失数量(单位:百万元)

(一) 工厂机械设备及财产 350

(二) 工厂以外的财产 200

(三) 一九三七年最后五个月内出口贸易总额二亿五千元的利益 12.

(四) 一九三七年最后五个月内进口贸易总额一亿元的利益 5

(五) 一九三七年最后五个月内国内工商业倒闭(损失约八倍于对外贸易) 140

(六) 库存铜铁等 13.

(七) 十五万吨外国货物的,转装其他港口的费用及由于调整结帐多付的费用 12.

(八) 救济难民捐款 1

(九) 虹口,杨树浦区货栈内被动或烧毁的库存 50

(十) 房屋内完全被烧毁掠夺家具器具商品等 50

(十一) 各运输及转运公司的对内外运输费收入(每月至少损失二百万元) 10

总计: (相当于美元约281,466,000) 844.40

根据外国人的估计至一九三七年十一月中旬,大上海的损失总额超过三十亿法郎,即相当于一九三二年六个星期的战争所造成损失的三倍。

 

損失内容                          損失数量(単位: 百万元)

(一) 工場機械設備および財産                             350

(二) 工場以外の財産                                 200

(三) 一九三七年最終五が月の輸出貿易総額、二億五千万元の利益              12.5

(四) 一九三七年最終五が月の輸入貿易総額、一億元の利益                  5

(五) 一九三七年最終五が月の国内商工業の倒産(損失は対外貿易の約八倍)        140

(六) 在庫の鋼鉄等                                   13.4

(七) 十五万トンの外国貨物の他港への積荷費用・運送費、および勘定書設定の調整費用    12.5

(八) 難民救済義捐金                                   1

(九) 虹口、楊樹浦区の貨物倉庫内で焼き払われたり略奪されたりした在庫品         50

(十) 家屋内で完全に焼き払われたり略奪されたりした家具、器具、商品など         50

(十一) 各運輸および中継輸送会社の対内外運送費の収入(毎月少なくとも二百万元の損失)  10

総計 (281,466,000アメリカドルに相当する)   844.4

外国人の見積もりによると、一九三七年十一月中旬までに大上海の損失の総額は、三十億フランを超える。すなわち、一九三二年の六週間にわたる戦争の損失の三倍に達している。

 

上表所举的第九,第十两项的损失,相当于一亿法郎或相当于三千三百万美元。这完全是日方有组织地掠夺和破坏行为的结果。早在一九三七年十月间,在上海虹口,杨树浦一带,穿着军服的日本兵强迫中国工人大规模搬运中国人的财产,特别是铜,铁和机械。这些东西全部由日本军用卡车运到黄浦江岸的军用码头,装上运输舰,运往日本。凡在战争期间未被损坏的财产,战后遭到残酷的掠夺。在战后的三个月里,这种掠夺行为依然没有停止。

 

上の表に掲げた第九、第十の二項の損失は、一億フランスフラン、あるいは、三千三百万アメリカドルに相当するが、これはすべて日本側が組織的に略奪や破壊行為をおこなった結果である。すでに一九三七年十月には、上海虹口、楊樹浦一帯に軍服を着た日本兵と脅迫された中国の労働者が中国人の財産、とくに銅、鉄、機械などを大規模に運び出していた。これらの品物はすべて日本の軍用トラックで黄浦江岸の軍用埠頭に送られ、運送船に積み込まれて日本に輸送されるのである。戦争中に破壊されなかった財産は、戦火が遠のいた後にひどい略奪にあったのだった。戦争が終わっても三か月ほどは、依然としてこうした略奪はやまなかったのである。

 

尽管上海各报刊的版面上充满了批评,攻击这种有计划的破坏行为的文章,但是其破坏行为有增无减。外国侨民经常报告身着军服的日本军人随便闯入他们的住宅掠夺。事实上日本军根本无视住宅上贴着的“此处受日本特别陆战队保护”的布告。

 

 上海の各紙の紙面には、このような計画的な破壊行為を非難する文章が満ちあふれたのだが、日本軍の破壊行為は増えることがあっても減ることはなかった。外国人居留民は、軍服を着た日本の軍人が自分たちの住宅に好き勝手に入り込んでは略奪行為をするので、「当所は日本特別陸戦隊の保護を受く」という住宅に貼られた布告が完全に無視されているとたびたび報告していた。

 

一九三八年一月三十日的上海《大美晚报》和《字林西报》都详细地登载了日方在虹口及杨树浦等地,大规模搜寻了钢铁,并由一家著名公司运往日本的情况。据《字林西报》称,由日本居留民协会出面,强迫工人收集钢铁,该报记者向某钢铁囤积处摄影时,遭到半军人式的日本浪人袭击。《大美晚报》叙述到日方在武装占领区域内,首先从沿苏州河北岸的零售批发的中国铁器商店搬走了铁板,随后他们的活动扩展到被毁或未毁的各工厂和工场。紧接着他们光顾已毁的和未毁的私人住宅搬取各种铁器,大小无遗,甚至不放过铁链门锁。一千多家以上的大小工厂和工场,所有的机械和铁器全部被洗动。其中最重要的是南洋烟草公司的杨树浦路总厂。

 

一九三八年一月三十日の上海の「イブニング・ポスト」と「チャイナ・デイリー・ニュース」は、日本側が虹口と楊樹浦などで大規模に鋼鉄を探して、ある有名な企業がそれを日本に運んでいる状況を述べた詳細な記事を掲載した。「チャイナ・デイリー・ニュース」は、日本人居留民協会が前面に立ち、中国の労働者を脅迫して鋼鉄を集めていることや、同紙の記者が鋼鉄貯蔵の現場を撮影した際に、半軍人の大陸浪人の襲撃に遭ったということなどを報道した。「イブニング・ポスト」は、日本側が武装して占領区域内に駐屯し、まず蘇州河北岸に沿って小売や卸売をする中国鉄器の商店から鉄板を運び出し、引き続いて、破壊されたりまだ破壊されていない工場や作業場にまで活動を広げていったと報道した。さらに引き続いて彼らは、すでに破壊したりまだ破壊していない個人住宅からも各種の鉄製器具を大小残らず搬出し、甚だしきに至っては、鉄の鎖や門の錠までも見逃さずに持って行く「愛顧を賜る」というありさまあった。一千軒を超える大小さまざまの工場や作業場は、所有する機械や鉄製器具を残らず奪われたが、中でも最も重要だったのは南洋煙草会社の楊樹浦路の総工場であった。

 

正如前面已经叙述过的那样。由于日方有计划按步骤地搬走了各工厂的机械和铁器,所有的工厂和工场不经过彻底改造是不可能复工的。日方从上海掠夺钢铁,其总量究竟有多少是能够推测的。据东京朝日新闻所登载的可能超过八万吨。熟悉上海钢铁工业状况的外国商人认为日方已经搬取的以及准备搬取的钢铁不下十万吨。

 

すでに前にも述べたことであるが、日本側は計画した順序に従って、各工場の機械や鉄製品を運び出したので、工場や作業場はゼロからの改造をしなければ、復旧できないほどであった。日本側が上海から略奪した鋼鉄がどれぐらいの総量になるのかぐらいは何とか推測することができた。東京朝日新聞が掲載した記事によると、八万トンを超える可能性があり、上海の鋼鉄工業を熟知している外国商人は、日本側がすでに搬出したものと、その準備をしているものとを合わせると十万トンを下回ることはない見ている。

 

一九三八年二月四日的《字林西报》发表社论,就此事件进行不谴责和抨击:

本报已经报道过日方按组织的步骤搬取苏州河北岸区域内的各种类型的钢铁。增加了中立视察者对该事件焦虑和困惑的心情。成群的中国苦力,在中国工头监视下,在日本人的控制下,对中国人的住宅,店铺,货栈及工厂进行搜索,不仅搬取生铁,铁板和铁皮,甚至所有的各种机械铁器,从蒸气机到小马达也列入了掠夺之列。因此,‘有组织的步骤’这话是最恰当的。目前的行动不能与军队任意掠夺的普遍行动相比较,这次是日方慎重地按组织的步骤搜刮中国人所有的每一尺,每一寸钢铁。很明显,日方肃清沪东区沪北区的机械铁器是为增加制造军火的钢铁量。再就是为了必须防备将来万一发生不测事态而制定的计划。日方从上海取得的钢铁的总量与日方总需要量相比实际上是不足以重视的。但是,在上海正进行复兴的今天,日方掠取了全部不可缺少的各种机械,并使之丧失了生产能力,这将对上海将来的繁荣给予了最残酷的打击。从橡胶制品,纺织品的贵重的机械到小马达,从重量之大的钢条到价值二,三元钱的小铁片,全部被搜刮去。恐怕需要几十年的时间,上海才能恢复到原来的生产状态。

 

一九三八年二月四日の「ノース・チャイナ・デイリー・ニュース」は、この事件の進行を非難攻撃する社説を発表している。

「日本側が組織的な手順で、蘇州河北岸区域内の各種さまざまな鋼鉄を搬出していることは、すでに本紙で報道した。中立の立場の観察者は、本事件に対して焦慮と困惑の心情を増加させている。中国の肉体労働者たちが日本人の支配を受けた中国人の職長の監督下で、群れをなして中国人の住宅、店舗、倉庫および工場に入り込んで捜索し、銑鉄や鉄板・ブリキの類いに留まらず、あらゆる場所の各種の機械や鉄製品、蒸気釜から小さなモーターに至るまで略奪品に組み込んで搬出していった。だから、これは「組織的な手順」というのが最も適切であろう。目下の行動は、軍隊が勝手に略奪する一般的な行動と比較することはできず、今回は日本側が慎重かつ組織的な手順で中国人が所有する鋼鉄を一尺一寸に至るまで探し回ったものだった。きわめて明らかなことは、日本側が滬東区と滬北区の機械や鉄製品を徹底的に持ち去ったのは、武器を製造する鋼鉄量を増やすためであった。これはまた、必ず将来に発生するであろう万一の不測の事態を防ぐための計画を策定することであった。日本側が上海から徴発した鋼鉄の総量と、日本側が必要とする鋼鉄の総量とを比較すると、実際には不足してこれを重視するほどでもなかった。しかし、上海の復興が進められようとする今日にあっては、日本側が略奪したすべての不可欠な各種の機械は、それによって生産能力を失わせたものであり、上海の将来の繁栄対して最も強烈な打撃であった。ゴム製造機器や紡績製造機器から小モーターに至るまでの貴重な機械に始まり、果ては重量の大きい鋼鉄線から二、三元の価値しかない小鉄片に至るまで残らず探し出され持ち去られた。恐らく、上海が能力的に元の生産状態を取り戻すまでには数十年の時間を要することであろう。

 

据最近日本报纸称,上海的许多作用及活动要天津取而代之。没遭轰炸的中国工厂已经变成空的躯壳。日方对已被破坏的工厂进行了仔细地扫荡。中国人即使回到故居也是一无所有,难以重新经营事业。这里涉及到两个问题。第一个问题是:日方屡次声明,对华作战的目的是打倒※国民政府,绝不是反对中国民众。第二个问题是:声称为上海将来的繁荣。关于第一个问题,日方以有组织的步骤,消灭上海最重要的工业区之一,这个行动能够不使中国民众感到痛苦码?对于这个问题是无法辩解的。中国工业家在经济上蒙受损失的程度与一般平民饱尝肉体上的痛苦是同样的。过去的九十年间惨淡经营的事业,遭到无情地破坏。汇山,杨树浦一带的繁华区域只不过仅仅残留了昔日兴旺的痕迹。认为上海的繁荣是建立在运输业的基础上是正确的。但是经过多年艰苦创造的各种企事业,同样必然影响着上海的繁荣。从上述各点看,怎么能够说‘日本对华作战不是针对中国民众呢?’

国民政府…中国国民党が1925年に組織した政府で、国民党の一党独裁と蒋介石の個人独裁とを特徴としていた。日中戦争当時は、「国共合作」により、共産党と共同して抗日戦を戦った。

 

最近の日本の新聞は、上海の多くの役割や活動が天津に取って代わられるであろうと報じている。爆撃に遭わなかった中国の工場は、すでにもぬけの殻の状態になってしまったが、日本側はすでに破壊された工場にも出かけて徹底的に探し回っていた。中国人にとっては、元の住まいに戻ってきても何一つ残っているものはなく、新しく事業を興すことも難しいありさまである。ここで二つの問題を提起しよう。第一の問題は、日本側がたびたび声明を出していることだが、対華作戦の目的は国民政府を打倒することであり、決して中国の民衆に敵対するものではない、というものであり、第二の問題は、上海の将来の繁栄のためであると公言していることである。第一の問題に関して言えば、日本側が組織的な手順で、上海の最も重要な工業区の一つを消滅させたが、この行動は中国の民衆に苦痛を与えなかったのだろうか。この問題に対して日本が弁解するすべはないだろう。中国の工業家が経済上こうむった損失の程度は、一般の民衆が嫌になるほど味わった苦痛と同じぐらいひどいものだった。過去九十年にわたって苦心惨憺して経営してきた事業が無情な破壊に遭って、滙山、楊樹浦一帯の繁華な地域は、わずかに昔日の繁栄の痕跡を留めるに過ぎなくなった。上海の繁栄は運輸業の基礎の上に打ち立てられたものと見なされているがこれはその通りであろう。しかし、多年にわたって苦労して作り上げた各種の事業は、必然的に上海の繁栄に影響を与えたのと同じように惨憺たる結果となった。以上の各点から見て、どうして、『日本の対華作戦は中国の民衆に焦点をあてたものである』などと言うことができようか」。

 

本报如不大声疾呼,提出严正抗议,就对不起上海。因为这一事件不仅关系到中立国的侨民,同时关系到日本人的自身。而且对上海的未来势将发生严重的反响。日方的行动必然影响上海的对外贸易,也就是说没有繁荣的中国社会,也就无法从事繁荣的对外贸易。上海公共租界今后的税收自然将受到沉重的打击。因此,日方的行动不仅牺牲了无辜的中国人的利益,也损害到日方屡次宣称加以尊重的外国人的利益。损害的程度目前难以估计。但是我们必须指出:日方在汇山,杨树浦一带搬取的绝不限于生铁,他们把中国人的机械分解后运送到日本。他们剥夺了上海复兴的工具。中国人回到荒凉的故居时一切将从头开始,必须白手创业。事实胜于雄辩,无从掩饰。日方剥夺了上海复兴的一部分工具,究竟为了什么目的?是否想使上海永远地陷入万动不复之境地呢?中方曾提到破坏青岛纺织工厂的报复行动。关于※青岛事件,象本报曾进行严正指责的那样,当然也适用这次日方的行动。上海的一部分工业区遭受了空前的巨大灾难。我们希望日方能够悬崖勒马。因为繁荣的上海不仅密切地关系到中国人的利益,对于日方自身利益也同样是重要的。此理甚明,不必赘述”。

青岛事件…戦時期に最大の在華紡であった「内外綿」は、1937年の第二次上海事変以後の軍事衝突で、日本人従業員の多くは工場のあった上海や青島から帰国した。同年12月に青島の工場が中国人の手によって爆破された事件をいう。

 

本紙が大きな声も上げず、厳重な抗議もしなければ、上海に対して申し訳ないことになる。このことは単に中立国の居留民に関係するばかりでなく、同時に日本人自身にも関係することであり、さらには上海の将来に重大な影響をもたらすからである。日本側の行動は必然的に上海の対外貿易に影響を与え、繁栄する中国社会がすぐさまなくなり、盛んな対外貿易もなす術がなくなることだろう。また、上海の共同租界も今後はおのずと税収面で深刻な打撃を受けることになるだろう。それゆえ、日本側の行動は、単に無辜の中国人の利益を犠牲にするばかりでなく、日本側がたびたび宣言していた尊重すべき外国人の利益にも損害を与えている。損害の程度は、目下のところ推測することが難しいが、我々が指摘しなければならないことは、日本側が滙山、楊樹浦一帯から搬出したものは、決して銑鉄に限ったものではなく、彼らは中国人の機械を分解して日本に送ったことである。彼らが上海復興の道具を略奪してしまったので、中国人が荒涼たる旧居に戻った時には、すべての事業を無一物から開始しなければならないのであった。事実は雄弁よりまさっており、これを覆い隠すことなどできないのである。日本側が上海を復興する道具の一部を略奪したことは、つまり何を目的としたのだろうか?これは上海を永遠に復興が不可能な状態に追い込みたいという動きなのではないのだろうか?また、中国側がかつて青島の紡績工場を破壊したことに対する報復攻撃だったのかも知れない。しかし、この青島事件に関しては、本紙がかつて厳正に指摘したように、このたびの日本側の行動にも当然のことながら適用すべきであろう。上海の一部の工業区は、空前の甚大な被害を受けた。我々は、日本側が崖っぷちの一歩手前で踏みとどまることができるものと期待している。上海が繁栄することは、単に中国人の利益に密接な関係を持つばかりでなく、日本側に対しても同様の利益をもたらす重要性を持っているからである。この道理は明らかで、余計なことを言うまでもないのであろう」。

 

一九三八年一月二十四日的上海《大美晚报》作出如下抨击:

根据西洋人的报道,从战争爆发至今,日方大规模的步骤,不断地搬取虹口,杨树浦一带的中国人的财产。日方曾屡次确切地声明,除在若干特殊情况下,除接近政府或在政府任事或参加领导抗日的分子外,绝不没收一般中国人的财产”。试问,日方目前的行动,如何能自圆其说?!

所有的仓库,工厂及住宅内的财物,设备,全部在日本人的监视下或指挥下擅自迁之一空。如果有关的日本官方对此事实还不能完全相信,只须直接视察一回,或向因业务关系对此事件特别感兴趣的西洋人询问真相,就会消除一切怀疑。上周六,日本发言人在新闻会议席上表示出巧妙的惊奇态度,可以看出日方确乎明了自身的行为。同时也能看出,日方没有把握事实的诚意。中国人不准去察看他们的财产,外国人即使目睹掠夺中国人的财产,有许多真凭实据,也因为不是自己的事情,不愿卷进旋涡。

 

一九三八年一月二十四日の上海「イブニングポスト」は下記のような批判的論評を掲載した。

「西洋人の報告によると、戦争の勃発から今日に至るまで、日本側は大規模な手順を整えて、日常的に虹口、楊樹浦一帯の中国人の財産を略奪した。日本側はかつて数回にわたって、若干の特殊な状況下を除き、政府あるいは政府の仕事を担当する部署、あるいは抗日分子を指導することに参加する者を除いては、一般の中国人の財産を没収することは断じて行わない、という声明を出していた。だか、試みに問いたい。日本側は、目下の行動をどのようにして言い繕おうとしているかと?!

あらゆる倉庫や工場、および、住宅内の財産や設備は、すべて日本人の監視下に置かれたり指揮下に入っており、それらは勝手に移動され何も残っていない状態になっている。もしも日本の官憲がこの事実に対して完全な信頼が置けないならば、一回でも直接に視察すべきであろうし、業務の関係でこの事件に対して特別な興味を持っている西洋人に真相を尋ねてみれば、すぐさま一切の疑いが消え去ることだろう。先週の土曜日、日本のスポークスマンが新聞会議の席上で見せた巧妙かつ奇怪な態度に現れていたのは、誰の目にも明らかな自分たちの行為を見て知ることができたにもかかわらず、日本側からはその事実を誠意を持って受け止める態度が見て取れなかったことである。中国人は自分たちの財産を見に行くこともできないし、外国人は、日本人が中国人の財産を略奪する現場を目撃したとして、それが多くの確かな証拠に基づいていたとしても、自分に関わる事情でないため、巻き添えを食いたくないという思いがあったのである。

 

但是事实以为众所周知,而且有许多外国人的财产也同样遭到损失。这些是无可争辩的。如果这些事实也不能得到承认,就此日方还要怎么诡辩?

据说,日本当局正式命令日本居留民协会准许侨民掠夺中国人的财产作为个人受损失的赔偿。我们只是听到了这个消息,但不知详情。日方发言人加以否认。然而,我们不能证实搬取中国人财产的性质究竟如何。可是搬取是事实,这一点我们是知道的。我们认为如果日方有诚意,阻止类似行为是不难的。目前的事实已经表明,日方的行动与‘不没收财产’的诺言是完全背道而驰的。

 

しかし、事実は周知の通りであったし、そのうえ多くの外国人の財産も同様な被害に遭ったのだった。これらは議論の余地のない事実であった。たとえ、これらの事実を認めることができないとしても、それなら日本側はどんな詭弁を弄してごまかそうとするのだろうか。

聞くところによると、日本当局は日本居留民協会に対して、居留民が略奪した中国人の財産を各個人が受けた損失を賠償することを正式に指示したというが、我々はこの情報を聞いただけで詳しい事情はわかっていない。なお、日本側のスポークスマンもこれを否定している。しかし、我々は略奪した中国人の財産の特徴がどのようなものであったかは結局のところわからなかったものの、略奪したという一点だけはわかっている。我々は、もし日本側が誠意を持っていれば、これに類する行為を阻止することは難しくなかったものと認識している。日本側の行動と「財産を没収することはない」という約束とが完全に相反していることは、目前の事実がすでに証明しているのである。

 

没收财产的声明可能与财产所有权的转移有关联。但是,日方全面地毁坏中国人的工厂或拆毁工厂里的机器,运走,不剩一物的行动从原则上是同样的。特别是搬出可以立刻销售的成品。例如象棉花之类,我们只能用‘掠夺’二字来形容。日方现在允许外国人自由地出入虹口,杨树浦一带,今后他们的财产可能不会再遭大规模地窃取了。但是中国人进入非常之难。进入以后,甚至连他们所在的财产的状况也不准察看。我们不能宽恕日方利用这种局势。我们认为他们完全违背了屡次宣言的立场。

 

財産没収の声明は、財産所有権の移転につながる可能性がある。しかし、日本側が全面的に中国人の工場を破壊し、工場内部の機器を取り外して持ち去って一物の残さないという行動は、原則的には共通するものである。とくに搬出して直ちに売りさばく綿花のような製品は、我々はそれを称して「略奪」という二字で表現するしかないのである。現在日本側は外国人が虹口や楊樹浦一帯を自由に出入りすることを許しているが、今後も日本側にとっては、自分たちの財産としたものが大規模に中国側に奪い返される可能性はない。しかし、これらの地域に中国人が入ることは極めて困難であり、入ったとしても甚だしきは自分たちが所有していた財産の状況を見ることもできない。我々は日本側がこのような状況を利用していることを大目に見ることはできない。我々は彼らがしばしば宣言してきた立場と現実とが完全に違背していると認識するものである。

日方不想倾听这个忠告。二月三日的上海《大美晚报》再次撰文做出以下抨击:“日方不断地剥夺了中国人民的生活工具。这个政策表示日方要全面地消灭中国人民的愿望。除此之外,无法解释。可是这个极端的见解,被最疯狂的日方发言人极力地避开。

 

日本側はこのような忠告に対して耳を傾けようともしなかった。二月三日の上海「イブニングポスト」は、再び筆を改めて、以下のように批判し、日本側を攻撃する文章を掲載した。「日本側は、中国人民の生活道具を絶え間なく略奪しているが、この政策は日本側が中国人民の願いを全面的に消滅させようとするもので、それ以外には解釈のしようがない。しかし、この極端な見解は、最も狂気に満ちた日本側のスポークスマンによって強く退けられてしまった。

 

上海战区总司令松井大将和第三舰队司令谷川中将曾慷慨解囊义捐了上海中国难民救济金。其它地位的某些日本人也屡屡讲到绝对不错误地对待中国人民。证明他们绝对不赞成上述日方发言人的见解。

 

上海戦区の総司令官、松井大将と第三艦隊司令官の長谷川中将は、かつて気前よく懐をはたいて上海の中国難民たちに義援金を出したし、その他の地位ある日本人たちもしばしば、中国人と接する際に絶対に過ちを犯していないとたびたび語った。このことは彼らが上述した日本側のスポークスマンの見解を決して支持していないことを証明していたのである。

 

可是虹口,杨树浦一带的外国人每天看见日方搬取中国工厂的机械及禁止业主和工人前往探视。如果日方所搬取的仅仅限于损坏工房内的损毁件,虽然这种手段不合理。但与掠夺完好无缺的机械相比,其性质不是多么的严重。后面一种行动,事实上是等于从饥饿的工人嘴上掠夺饭碗。这些工人已经失业很久,今后因无处工作将永远挣扎在死亡钱上。这是掠夺行为毫无意义的。虹口,杨树浦开放后,每个人都失去了工作的凭借。由于掠夺行为造成的恶果使无辜的平民,妇女和儿童,丧失了生存条件。这种影响是非常可怕的。

 

しかし、虹口、楊樹浦一帯の外国人は、日本側が中国の工場の機械を運び出し、事業主と労働者が現場に行ってその様子をうかがうことを禁止する場面を毎日のように目撃していた。日本側が搬出したものは損壊した工場内の壊れた物品ばかりではなかったので、このようなやり方は不合理である。だが、完全無欠な機械の略奪と比べれば、その性質はたいして重大なものではなかった。その背後に生じることは、飢えた労働者の口元から飯を盛った茶碗を強奪することと実際には同じことであった。こうした労働者たちはすでに長い間失業して、今後も働く場がなく永遠に死線をさまよわなければならないのだ。この略奪行為は何らの価値ある意味も持たないのである。虹口、楊樹浦などが開放された後も、それぞれの個人がみな仕事のより所を失い、略奪行為がもたらした悪い結果は、無辜の市民や婦女子たちの生存の条件を失わせるものであったし、この影響は非常に恐るべきものとなった。

 

如果站在日本方面的立场上能够辩护出什么理由来,我们都想耐心倾听。第一,我们要问,还有对这些事实持怀疑的人码?第二要问,如果这是确凿的事实,日本以缺乏钢铁为理由,能够减轻这个掠夺行为的罪状码?我们知道这种掠夺行为绝不能决定战局,对可怜的工人却是致命的打击啊。

 

もしも日本側に自分たちの立場を弁明する何らかの理由があるとすれば、我々はみな忍耐強く傾聴しようと思っている。第一に、我々が質問したいのは、このような事実に対して疑問を抱いている人がいるかどうかであり、第二に問いたいのは、もしこれが確かな事実であるとしても、日本は鋼鉄が欠乏しているという理由だけで、この略奪行為の罪が軽減されるものなのかということである。我々はこの略奪行為が戦局を決定することはあり得ないと知っており、哀れな労働者たちにとっては、これが致命的な打撃になっていることを知っている。

 

关于上海以外的各处所遭到的破坏和掠夺的实际损失,前面的几章概略地叙述了,但至今得到供参考的统计数字尚少。

 上海以外の各地で受けた破壊行為と略奪の実際の損失は、前の各章でその概略を述べたが、今までのところ統計上の数字が参考に供するにはなお少ないのが現状である。

 

一九三八年三月十九日,上海《密勒士评论周报》刊登了如下记载:

上海是长江三角地带的最重要城市。上海遭破坏的状况极为惨重,上海以外的无数村镇遭破坏的状况也同样严重。上海周围一百英里内有不下十二个大城市,有五千万以上的人口。这些大城市遭受的破坏和比较小的村镇的损失状况是无法统计的。距离上海约一百英里的无锡本来是工业区,有九十万人口,所有的工厂,建筑经日本飞机猛烈轰炸遭受了很大损失,有的全部被烧毁。其中最严重地有几家面粉加工厂,一家纺织厂,一家电厂,以及设备非常先进的丝厂等。嘉兴是浙江省制丝业的中心之一,原有四十五万人口。如今化为死城,二十万人口的松江,只残留了灰烬。古老繁荣苏州原有三十五万人口,日军占领该市时仅仅剩下五百人”

 

一九三八年三月十九日、上海「チャイナ・ウィークリー・レビュー」は下記の記事を掲載した。

「上海は長江三角地帯で最重要な都市だが、その破壊された状況はきわめて惨憺たるものであり、上海以外の無数の町村が破壊された状況も同様に厳しいものであった。上海周辺の百マイル圏内では、十二を下回らない大きな町に五千万人以上の人が住んでいた。これらの大きな町は破壊されたが、比較的小さな町村の損失の状況は統計を取るすべがない。上海から距離にして約百マイル離れた無錫はもともと工業地帯であり、九十万の人口を有していたが、あらゆる工場と建築物が日本の飛行機による猛烈な爆撃を受けて、そのすべてが破壊されるか焼き尽くさるかして甚大な損失を被った。その中で最も重要なものは、数軒あった製粉加工場、一軒の紡績工場、一軒の電気工場および非常に先進的な設備をした製糸工場などであった。嘉興は浙江省の製糸工場の中心地の一つで、四十五万の人口を擁していたが、現在な死の町と化したし、二十万の人口を持っていた松江も灰燼を残すのみとなった。長きにわたって繁栄してきた蘇州は三十五万の人口を擁していたが、日本軍が占領してからはわずかに五百人を残すのみとなってしまった」。

 

西洋人曾驾驶汽车完成上海至无锡间的旅行,经过了太仓,常熟,苏州,昆山等地,《字林西报》投稿,报告了以下的状况:

沿路所过之处庐舍全毁,连一只鸡,一只鸭,一只鹅也见不到。农民在田里耕种着,但大多数农民在日军的监视下修路。被毁坏的桥梁已完全恢复了原状。东亭是无锡的一个热闹的市镇,没有一间房屋能够幸存。损失状况最为惨重。数名农民在瓦砾堆里寻找燃烧后残剩的物品。无锡北郊火灾区域长一英里,仅剩一家纺织工厂,许多丝行和仓库同样化为灰烬。从车站到城门口的旅馆,商店,仓库及住宅,都到塌成一片,车站和城墙化成废墟。各种电线全部被炸断在地上。进城后,破坏的状况同样严重。无锡的房屋至少有半数以上被烧毁。包括市中心至北门,以及北门至大洋桥的整个商业区。与运河并行的城南大街,约长一英里的住宅都化为焦土。工业中心和粮食要地的无锡,现在完全陷入瘫痪”

 

ある西洋人が自動車を駆って上海から無錫を旅行した時に、大倉、常熟、蘇州、昆山などの地を通過したが、その後に「チャイナ・デイリー・ニュース」に投稿して、次のような状況を報告した。

「通過してきた道路の沿線の田舎家は全壊し、たった一羽の鶏も鴨も鵞鳥も見受けられなかった。一部の農民は田畑を耕していたが、その大多数は日本軍の監視下に置かれて道路の修復をしていた。破壊された橋梁はすでに完全な原状復帰を遂げていたが、ただの一軒として無事な家屋はなかった。東亭は無錫で賑わっていた町村の一つであったが、一軒の家も無事であるものはなく、その損害はきわめて惨憺たるものであった。数名の農民が瓦礫が積み重なった中で焼け残った品物を探していた。無錫北部の郊外の焼き尽くされた地域は長さが一マイルにおよんでいたが、紡績工場が一軒だけ残っているに過ぎず、多くの製糸工場と倉庫とが灰燼と化していた。鉄道の駅から城門口に至る旅館、商店、倉庫および住宅などはすべて倒壊して平たくつぶれ、駅舎と城壁は廃墟となっていた。各種の電線もすべて切断されて地上に落ちていた。城内に入ると、その破壊の状況は同じようにひどく、無錫の家屋で焼き払われたものは少なくとも半数以上に上っていたが、それは市の中心部から北門に至り、北門から大洋橋に至るすべての商業区が含まれていた。また、運河と並行する城南大街は、約一マイルにわたって住宅のすべて焦土と化していた。工業の中心地であり、食料の重要な土地であった無錫は、現在完全に麻痺状態に陥っていた」。

 

本书引用的目击者的叙述证实了日本军官及士兵实行掠夺,放火的事实和用军用卡车运输掠夺的物资。日军去的地方,日本浪人也接踵而至。一九三八年二月五日《密勒士周报》是这洋记载的:

日本皇军统治区域的中国人及外国侨民的财产都到有组织的掠夺,这帮依附于日军而生存的浪人应负一部分的责任,日军无纪律的军队在南京,苏州,杭州,芜湖进行了奸淫,抢动和屠杀。所谓的浪人堆很多乡镇极力地大发其兽性,将中国人逃难时遗留下来的各种值钱的物品搜刮一空。

 

本書に引用した目撃者の叙述は、日本の将校および兵士がおこなった略奪行為や放火の事実と、軍用トラックを使用して略奪物資を運搬したことを証明している。日本軍の行く所には日本の大陸浪人もその後ろに着いて行った。一九三八年二月五日「チャイナ・ウィークリー・レビュー」は次のように述べた。

「日本皇軍の統治区域の中国人および外国居留民の財産は、そのすべてが日本軍に寄生する大陸浪人の集団によって組織的に略奪されたので、彼らもまた責任の一部を負わなければならない。日本の無規律な軍隊が南京、蘇州、蕪湖などで姦淫や、暴行と虐殺を行った。いわゆる大陸浪人は、多くの町村に対して甚だしくその残虐性を発揮して、中国人が避難する際に残してきた各種の価値ある物品を残らず持ち去ったのだった。

 

在中国沿海的各地,特别是江苏,浙江,福建的各省,有很多的纪念牌。这都是纪念过去打退海盗保卫了领土的军政长官的。在南通山上也有一座类似的纪念碑,碑文写着:某某将军英勇战斗,击败了长年横行在长江下流的海盗,谨为此,特建碑纪念。那个时期的海盗就是所谓的※倭寇。沿海各地同样种类的纪念碑都是颂扬驱逐倭寇的胜利。这次日本侵略中国沿海各省的暴行,实际有着于过去很多相似之处。无论日方怎样宣传‘圣战’,‘大亚细亚主义’,‘经济合作’或是‘反对共产主义’,事实终归是事实!日本这一次的对华战争,照公认的意义上进,不是真正的战争。而是过去海盗行径的重演,只不过是从规模上扩大了。日本的对华战争的特征是奸淫,掠夺,杀人,放火。如果日本确有调整两国邦交,消除长期延续纠纷之意,就应该帮助中国民众改进政治,经济状况,提高中国的国际地位,日本政府就不应该放纵军队和浪人伤害和破坏中国民众的生命和财产。二十世纪的文明国家必须具备对弱少邻邦博爱和人道的精神。而目前日本的各种行动绝不是文明国家正常的表现。却显示日本仍为帝国主义侵略政策的传统的观念和被野蛮思想所麻痹,所束缚。与十九世纪的欧洲帝国主义国家盲目地推行的殖民地政策是同样的。

倭寇…13世紀から16世紀にかけて、朝鮮や中国の沿岸を略奪した海賊集団に対して、朝鮮や中国が付けた呼称。「倭」が日本・日本人、「寇」が賊・外敵を意味する。

 

中国沿海の各地、とくに江蘇、浙江、福建の各省には、記念碑が多くある。これらはみな過去に海賊を撃退し領土を守った軍政長官を記念したものである。南通山上にも類似の記念碑が一座あって、その碑文には、「某将軍の英雄的な戦闘によって、長年横行していた長江下流の海賊を撃退したので、謹んでここに、記念碑を建てる」とある。その当時の海賊とは、いわゆる「倭寇」のことである。沿海各地の同種の記念碑は、みな倭寇を駆逐した勝利を賞賛するものである。このたび日本が中国の沿海の各省を侵略し暴行を働いているのは、実際のところ過去と非常によく似ている。もちろん日本側がいかに「聖戦」とか「大アジア主義」とか「経済協力」とか、あるいは「共産主義反対」などと唱えたとしても、結局のところ事実は事実なのである。日本のこの一時的な対華戦争は、公認された意義に照らしてみれば、真の意味の戦争ではなく、過去の海賊的な行動の再演であって、ただその規模が拡大したに過ぎないのであった。日本の対華戦争の特徴は、姦淫、殺人、放火であり、もし日本に両国の国交を確実に調整し、長期にわたる紛糾を収めようという意図があるならば、中国の民衆を助け、政治や経済の状況を改善し、中国の国際的な地位を高めるべきであって、日本政府は、このような放縦な軍隊と大陸浪人が中国の民衆の生命や財産を傷つけたり破壊すべきではないのである。二十世紀の文明国家は、弱小な隣国に対して博愛と人道的な精神を備えなければならないが、目下の日本の各種の行動は、文明国家の正常な現れではなく、むしろ帝国主義的な侵略政策に立って、伝統的な観念と野蛮な思想に麻痺せられて、それに束縛されるところとなっているのは明らかである。十九世紀のヨーロッパの帝国主義国家が盲目的に植民地政策を遂行したのと同じものである。

 

日本人往往以深刻地研究了中国历史为自豪。实则日本天皇的起源说是源于中国周代(公元前三百年至一一○○年)(应为封建时期·编者)的政治理论。周武王伐纣‘受命于天’是这一政治理论的骨干。日本袭取了中国政治理论术语。但没能很好地了解中国政治哲学的精髓。即:以德服人者王,以力服人者暴。世界历史已告诉我们武力统治绝不会长久得到维持。日本却不折不扣采取了这一手段,想把中国分割,分裂为许多小傀儡组织,而由军队加以控制。日本经过长期准备,其军事的实力优于中国,可是无法阻止军队的掠夺暴行。使胜利成为掠夺暴行的别名。中国的文化和政治哲学之所以能够永存不朽,实因中国人民普遍相信统治者‘受命于天,为民造福’。日本一方面向全世界宣扬对华战争‘神圣’使命,一方面失去了约束的士兵和浪人却在行动上给予全世界以这洋的印象。整个行动只不过是恶魔的一种阴谋而已······”

 日本人は、ややもすれば中国の歴史について深く研究したとうぬぼれるが、実は日本の天皇起源の説は中国の周代(紀元前三百年から千百年まで)(封建時代に分類すべき時期・編者)の政治理論に源を発するのだ。周の武王が紂を討つという「命を天に受く」が政治理論の骨幹となっている。日本は中国の政治理論の術語は踏襲したが、中国の政治哲学の精髄、すなわち、徳を以て人を服する者が王であり、力を以て人を服する者は暴であるということを正しく理解することはできなかった。武力の統治は決して長く維持することができないものであることをすでに世界の歴史が我々に示している。にもかかわらず、日本は正真正銘この手段を採用して、中国を分割し、分裂させて多くの傀儡組織を作り、軍隊でこれをコントロールしているのである。日本は長期の準備を経て、その軍事的な実力は中国を上回っているが、軍隊の略奪行為を阻止する術は持っていない。勝利とは略奪暴行の別名となっているのである。中国の文化と政治哲学が永遠に存続し不朽のものだとする理由は、実に中国人民は普遍的なものとして、統治者が「命を天に受け、民のために福を造る」と信じているからである。日本は一面では、全世界に向かって対華戦争は「神聖」な使命を帯びていると宣伝しているが、もう一方では束縛を離れた兵士と大陸浪人とが全世界に向かって次のような印象を与えているのだ。行動のすべてが悪魔的でただの陰謀に過ぎないということを……」。

有组织的步骤,来破坏新型工厂,农民的茅舍,以及掠夺和烧毁中国的财产。这是日军在中国实行恐怖行动的另一方面。日本是以这种方法来‘※膺惩’‘顽固的中国政府’和‘无纪律的中国军队’的。

膺惩…「膺懲(ようちょう)」。日露戦争の頃から叫ばれた言葉で、征伐して懲らしめるという意で用いられた。

 

組織的な手順に従い、新式の工場から農民の家屋までも破壊し、中国の財産を略奪したり焼き払ったことは、日本軍の中国における恐怖すべき行動のもう一つの側面であった。日本はこのような方法を用いながらも、「膺懲」とか、「頑迷な中国政府」とか「無規律な中国軍隊」などと言ってきたのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です