南京大虐殺・第四章


 

为本书提供第一章史料的某先生又于一月十日 ―― 即日军占领南京近一个月时,给他的朋友寄来了以下的信:

“为救护巴奈号来上海的一艘美国军舰是在日军占领南京后,从南京出航的第一艘外国船只。我抓住这个机会,在强奸,虐杀,掠夺及种种混乱环境中,又匆促写下了这个报告。因为日本方面的检查非常严格,我拜托总领事馆设法直接交外国船带出。

 

章 悪

本書の第一章とする史料を提供してくれた某氏は、一月十日、すなわち日本軍が南京を占領してから一か月目にあたって、友人宛てにまた次のような手紙を送った。

「日本軍が南京を占領した後に、パネー号の救護のために上海に向かうアメリカの一艘の軍艦が南京を出航する唯一の外国船だった。私はこの機会をとらえて、強姦、虐殺、略奪および、様々な混乱の最中に再び次のような報告を急いで書き記した。日本側の検閲がきわめて厳重なので、私は方策を講じて総領事館に依頼し、直接外国船にことづけることにした。

 

新年以来,难民区的情况稍有缓和。既不是什么‘军纪的恢复’,也不是宪兵来恢复了秩序。其最大的原因是日军主力转移到其他地方去了。只要新的军队再次进城,或当局依然优柔寡断,随时都可能发生新的事态。日军方面没有任何确定的政策。本周内,日方终于允许各国使,领馆可以派遣馆员重返南京,似乎这是他们希望现状安定的一种表示。

 

新年を迎えてから、難民区の状況はいささか緩和された。それは何らの「軍紀の回復」でも、憲兵がやって来て秩序を回復させたからでもなかった。その最大の原因は、日本軍の主力が他の地域に移動したためであった。だから、新たな軍隊が再び入城してきたりすれば、当局が依然として優柔不断であったので、その時々に新しい事態が発生する可能性があった。日本軍にはいかなる確定的な政策もなかった。今週に入ってからは、日本側がついに各国大使や領事館に館員が再び南京に戻ることを許可したことで、これは彼らが現状の安定を希望していることの表れの一つであった。

 

一万以上非武装的难民被残酷地屠杀了。有些人还认为不止一万人,事实上根据掩埋的统计,尸体共达四万多具。当然牺牲者中,也有中国兵。他们已经放下了武器,或因来不及退出而作了俘虏。很多的市民,并没有残兵的嫌疑,也被枪杀,或刺杀。其中有不少妇女儿童。根据几位德国朋友的估计,强奸事件达两万起以上。我认为至少有八千起。仅在金陵大学,职员宿舍及美国人住宅,我就有百件以上强奸事件的详细记录和三百件以上的强奸事件的确实报告。如此痛苦和恐怖你们一定是难以想象的。校内被强奸的有十一岁的女孩子和五十三岁的老妇。在神学院,堂堂光天化日之下,十七个日本兵轮奸了一个妇女,而且三分之一的强奸是在白天干的。

 

一万人以上の非武装難民が残酷に虐殺された。一万人程度には留まらないと考えている人々もいたし、実際に埋葬した統計によると、死体の数は全部で四万人を大きく越えていた。当然のことながら、犠牲者の中には中国兵もいたが、彼らはすでに武器を放棄した者であったり、あるいは、南京から逃げられずに捕虜になった者たちだった。非常に多くの市民が敗残兵でないにもかかわらず、その嫌疑を掛けられて、ある者は銃殺されある者は刺殺された。その中には女性も子どもも少なくなかった。何人かのドイツの友人たちの推測によると、強姦事件は二万件以上に上るということだった。私は少なくとも八千件はあると見なしている。わずかに金陵大学、職員宿舎および米国人住宅だけについても、私は百件以上の強姦事件の詳細な記録と三百件以上の強姦事件に関する確かな報告を受けている。このような苦痛と恐怖はあなた方にはきっと想像できないだろう。校内では十一歳の少女と五十三歳の老婦が強姦された。神学院では、十七人の日本兵が白昼堂々と一人の女性を強姦したが、強姦の三分の一は白昼に行われたのだった。

 

城内几乎每所房子都遭到了日军的掠夺。即使美国,英国,德国大使馆,大使官邸以及外国人的住宅也未能幸免。各种车辆,食物,被褥,现金,钟表,毛毯,字画,以及其它稍有价值的物品,都是掠夺的对象。现在,难民区外,进行着同样的掠夺。南京的店铺尚未遭到袭击的,只有国际委员会的米店和军用仓库。大多数的店铺,日本兵一来,先把明显的东西抢走。接着在军官的指挥下,有计划地把一切物品用军车拉走而后付之一炬。目前每天仍然有几次火警,很多的住宅都被日军焚毁。日本兵放火用的是一种化学的引火物,我们都亲眼看到他们用那种化学引火物放火。

 

城内ではほとんど一軒残らずみな日本軍の略奪に遭っていた。たとえアメリカ、イギリス、ドイツの大使館、あるいは、大使の官邸や外国人の住宅であっても略奪を免れることはできなかった。各種の車両、食物、寝具、現金、時計、毛布、書画、およびその他の少しでも価値のある物品は、みな略奪の対象となった。現在でも、難民区の外では同様の略奪が行われている。南京の店舗で未だ襲撃に遭っていないのは、国際委員会の米店と軍用倉庫ぐらいなものである。大多数の店舗は、日本兵がひとたびやって来ると、まずめぼしい品物を略奪して去るが、引き続いて将校の指揮のもとで、計画的に一切の物品を軍用車で持ち去っては焼き払ってしまうのだった。現在でも依然として毎日何回もの住宅火災が発生するが、その多くは日本軍の放火によるものだった。日本兵は一種の科学的引火物を用いて放火したが、我々はみな彼らがその種の科学的引火物を使って放火しているのを直接に目撃したのである。

 

大多数难民的现款都被日本兵抢走,连剩下的很有限的一点衣服,被褥,食物也被日本兵强夺去了。完全是丧失良心的作法。难民们从最初的一周,七至十天内都陷入绝望之中。店铺和工具都被破坏,银行被没收,交通中断了,几条重要的街道成了一片焦土,一切都被掠夺殆尽。被饥寒折磨的难民们就是被这样的惨境所围困。你们不难想象这里的工作和生活的情形。这里的难民区,收容了约二十五万的难民。其中十万人的食,住问题,完全由国际委员会提供。其余的难民有的自己带来了少量的米,或直接,间接地偷点东西来生活。日军占领南京后,若干的小仓库被烧了。中国政府贮藏的大批的食粮被没收了。目前,日军为了经济上和政治上的原因,开始出售一小部分。今后的发展难以预料,我向日方寻问邮政通信情况时,他们回答说:‘毫无计划’。

 

大多数の難民は日本兵に現金を奪われ、それに加えて、残されたわずかな衣服、寝具、食物さえも日本兵に強奪されたのだった。これは完全に良心を失ったやり方であった。難民たちは、最初の一週間から十日ほどの間はみな絶望に陥っていた。店舗や器具がみな破壊され、銀行が没収され、交通が遮断され、何か所もの重要な道路が一面の焦土と化し、一切の物が略奪し尽くされた。飢えと寒さにさいなまれた難民たちはこのような悲惨な状態に追い込まれていた。あなた方にはここでの我々の仕事や生活の様子を想像するのが難しいだろうが、この難民区には約二十五万人の難民が収容されており、そのうちに十万人の食料や住む場所の問題は、すべて国際委員会が提供するものによっていた。それ以外の難民は、自分が持ってきた少量の米を、あるいは直接、間接に盗んできた食料で生活していた。日本軍は南京を占領した後に、若干の小さな倉庫を焼き払った。中国政府が貯蔵していた大量の食料は没収されてしまった。現在、日本軍は経済上および政治上の理由で、その一部分の販売を開始しているが、今後の展望を予想することは難しい。また、私が日本側に郵便通信の状況を尋ねたところ、彼らの回答は、「全く予定はない」とのことだった。

 

国际委员会对难民实在是一大帮助,是由三个不可思议非常杰出的德国人构成,连我也想胳膊上带上纳粹党的臂章和他们做朋友。设立难民区的准备工作中,一个荷兰人和三个英国人尽了很大的努力。很惋惜的是,中国军队撤离南京前,他们工作的公司和政府命令他们离开了南京,因此其大部分工作落在了美国教士的肩上。我们美国教士没有一人置身事外。并且参加了医院的紧张工作。医院经常堵满受枪伤,刀伤的难民。当然,我们几个人都分别担当不同的任务,负不同的责任。最初,我得到了很多中国人的支持和援助,而且很多的事务必借助于中国人的手去办。但有几个时期,如无外国人挺身而出,与日本兵交涉,简直什么都不能运输,甚至运输卡车也不许通行。我们确实冒了很大的危险,有时也曾失去过希望,但结果总还是完成了任务。为了努力保护难民们的安全,我们就难民的食宿问题及每天所发生的事件向日方提出抗议,并进行了交涉。除这些一般的工作外,我们还阻止了多起掠夺事件。并说服来要女人的日本兵回去。日本大使馆的某先生对我说过,日军长官认为在许多中立国人士的监视下占领中国首都实可愤慨。根据他们的判断,世界历史上,从来都没有真实地记载过占领情况。这话自然是不准确的,却也不足为怪。

 

国際委員会は難民に対してまことに大きな援助を果たしたが、それは不思議なほど非常に傑出した三人のドイツ人によって成り立ったのだった。私は腕にナチスの腕章を巻いて彼らと友だちになりたいと思ったほどだった。難民区の設立準備をしている最中は、一人のオランダ人と三人のイギリス人が大いに尽力してくれたのだが、たいへん残念なことに、彼らは中国の軍隊が南京を撤退する前に、その勤務先の会社や本国政府の命令で南京を離れてしまったのである。そのことで大部分の仕事がアメリカ人宣教師の肩の上にのし掛かってきたのである。我々アメリカの宣教師たちは、一人として無関心な態度を取る者はなく、病院での緊迫した業務にも参加した。病院は、銃創や刺傷を受けた難民たちでいつもいっぱいであった。当然のことながら、我々の中の何人かはみなそれぞれ異なる任務を担当し、別々の責任を負っていた。最初のうちは、我々は多くの中国人の支持と援助を得ていたし、しかも多くの事務は必ず中国人の協力を得なければならなかった。ただし、ある一定の期間は、外国人でなければ勇敢に日本兵に立ち向かって交渉したり、何らかの物を運んだりすることは全くできず、甚だしきに至ってはトラックを動かすことさえもできなかった。我々は確かに大きな危険を冒してきたし、時には希望を失ったこともあったが、最終的にはすべての任務をかなり遂行することができた。我々は難民たちの安全を守ることに努め、彼らの食住問題および毎日発生する事件に関しても、日本側に抗議を申し入れたり交渉を進めたりなどした。これらの一般的な仕事以外にも、我々は多くの略奪事件を阻止したり、女を求めてやって来た日本兵を説得して帰らせた。日本の大使館の某氏は、占領した中国の首都を多くの中立国の人間が監視していることに、日本軍の長官が非常に憤慨していると我々に語った。日本側の判断によれば、世界の歴史において、昔から占領の状況を正しく記述したものなど全くないというのだが、その話はきわめて不正確なもので、かえって怪しむにも足りないほどのいいかげんなものである。

 

我们面对种种难关,有时也失望,但是,成功逐渐地胜过失败,足以鼓舞和激励我们。不可否认,我们和日军的关系在某些方面确实很不圆满,但是大使馆方面还是尽量致力于缓和日军和外国人之间的利益的摩擦。而且日本大使馆的警察对我们的态度也相当客气(这当然是指少数而言,不是全部都如此),而且担当这项工作的主要人物是三国同盟的德国人。日本人由于巴奈号事件对美国很客气,我们获益不少。鉴于损害财产及侮辱国旗的事件不断出现,我们婉转措辞,要求美国大使馆官员视察南京。这项请求被日方扣留。本周的情况虽略见好转,实际上我们完全同外界隔绝了,连郊外和江岸都不能去。我们只能有时从大使馆方面听到通过美国海军无线电所发出的几条消息。

 

我々は種々の難問にぶつかって失望した時もあったが、しかし、成功が失敗の回数を次第に上回ってきたことが我々を鼓舞し励ましてくれることとなった。我々が日本軍との関係において、確かにある面では円満さをかなり欠いていたことを否定するものではないが、日本の大使館側が思った以上に日本軍と外国人との利益の摩擦緩和に大いに尽力してくれたし、かつまた、日本大使館の警察の我々に対する態度もかなり丁寧であった(これは当然ながら少数者を指してのことであって、全部がみなこのようだったと言うのではない)。また、この仕事に携わった主要な人物が(日独伊)三国同盟のドイツ人であったことと、日本側がパネー号事件でアメリカに対して非常に気を遣っていることなどもあって、我々は少なからぬ利益を得た。財産の損害と国旗侮辱の事件が絶えず発生したことに関して、我々は言葉を選んで遠回しにアメリカ大使館員に南京を視察してもらうことを要求したが、この求めは日本側に保留にされてしまった。今週の状況は多少の好転を見ることができたが、実際には我々は完全に外界から隔絶され、郊外や江岸に行くことさえできず、わずかにアメリカ海軍発信のいくつかの情報を大使館関係者から入手することができただけであった。

 

十二月一日以来,我没收到过邮件。经过特殊的接洽,从昨晚起,我们有了电(因为有人与电气公司的职员有私人关系)。日军把电气公司的职员诬称为公务员,五十四人中枪杀了四十三人。飞机,大炮连续不断地爆炸,而且不断地纵火。公共事业难于迅速恢复是可以想象的,特别是职工及其家属的生活根本没有保障,这也是公共事业不能恢复的原因。水要靠电力帮助抽取,我们必须在地势低的地带寻找水源。大家不妄想有电话,或公共汽车,甚至不妄想黄包车的出现了。难民区的面积二平方英里,其中包括没有房屋的空地。难民区里没有发生火灾,除了日本兵的骚扰外,没有其他的罪恶或暴行。直到本周才有一部分难民到区外的空屋里去搜索,主要是为了找燃料。区内没有宪兵。

十二月一日以来、我々は手紙を受け取っていない。特別な交渉によって、我々のところでも昨晩から電気がつくようになった(電気会社の社員と個人的な関係を持っている人物がいたからである)。日本軍は電気会社の社員を公務員であると不当に認定して、五十四人のうちの四十三人を銃殺に処してしまった。飛行機による爆撃や連続的な大砲の砲撃、さらには絶え間ない放火もあったので、公共事業の迅速な回復は想像することもできなかった。とくに労働者とその家族の生活の根本が保障されないことは、公共事業の回復ができない原因であった。水道も電力の助けを必要としていたから、我々は低い土地に水源を求めなければならなかった。誰一人として電話や公共バスの回復はもちろん、甚だしきに至っては人力車の出現を妄想することさえもしなかった。難民区の面積は2平方マイルで、中には家もないような空き地も含んでいた。難民区では火事も発生しなかったし、日本兵の騒擾を除けば、その他の悪行や暴行はなかった。今週に入って一部の難民区外の空き家の捜索にも出かけたが、これは燃料を探すためであった。難民区内には憲兵がいなかったからできたのである。

 

金陵大学总共收容难民三万人。让他们能维持最低限度的生活就已经是管理上的大问题了。校内的正式职员和雇工很少,但都能够出色的工作。很多自告奋勇的人,纷纷到国际委员会去请求帮助,然而动机是极为复杂的。因此,收买汉奸及告密,恐吓等事件时有发生。我最近遇到三件难解决的事,他们几乎使我和学校陷于困境。在过去的三天里发生了两件事。其一是我提出的,金陵大学附属中学的损失报告与他们的主张相矛盾。因此,我背上了欺骗日本人的嫌疑,并使我和该校收容所的负责人产生了感情上的分歧。另一件事是:担任我们翻译工作的一位善良的青年,由于抗拒日军的要求和威胁,不愿离开金陵大学附中收容所,而被日军绑去枪毙。为此,我赶到宪兵指令部询问,被他们用暴力推入门内。后来,该处有一个宪兵要强奸一个从金陵大学拖出的妇女。恰巧在这个倒霉的时刻,我们闯了进去。那日本宪兵向我拔出了刺刀威胁,然后痛快地达到了目的。我们不怕任何困难,竭力挣扎。只想尽量地援助,解救这些可怜的,忍受痛苦的,爱好和平的中国人。我想你们要清楚地了解我们的日常生活的甘苦,恐怕是不容易的。

金陵大学では合計三万人の難民を収容していた。彼らが最低限度の生活を維持するには、すでに管理上の大問題が発生していた。校内の正式な職員と使用人はきわめて少数であったが、みな見事な仕事を果たすことができた。多くの人たちが自ら進んで危険な任務を引き受け、続々と国際委員会にやって来ては協力を申し出た。だが、その動機にはきわめて複雑なものがあった。その結果、国を売るものや密告する者などが現れたり、恐喝などの事件が発生することもあった。私は最近三件の解決困難な事件に遭遇したが、それらはみな彼らが私や学校を困難に陥れようとするものだった。過去三日間で二つの事件が発生した。その一つは、私が提出した金陵大学附属中学の損失報告と彼らの主張とが互いに矛盾していたことであった。このことによって、私は日本人を騙したという嫌疑をかけられるとともに、私と同校の収容所の責任者との間で感情の上での食い違いが生じたのである。もう一つは次のようであった。我々の通訳の仕事を担当していた一人の善良な青年が、日本軍の要求と威嚇に対して抵抗もし拒絶もした上に、金陵大学附属中学の収容所から出ようとしなかったので、日本軍に拉致されて銃殺されてしまったのである。そこで、私は急いで憲兵司令部に押しかけ、暴力をふるわれたが無理矢理に門内へ入り込んだ。するとそこは一人の憲兵が金陵大学から拉致してきた女性を強姦しようとするところだった。あいにくこの運の悪い時に我々は入り込んでしまったのだ。その日本の憲兵は剣を抜いて私を威嚇した後で、気分よく思いを遂げてしまった。我々はあらゆる困難も恐れずに必死に頑張ってきた。ただ思うことは、できる限りの援助をしながら、これらの哀れな、苦痛に耐えながらも平和を愛する中国人を救いたいのである。あなた方が我々の日常生活の苦楽を明確に理解してくれることは、恐らく容易なことではないだろうと思っている。

 

当五万多的日本兵横行南京时,十七人的宪兵到达了。开始的许多天,见不到一个宪兵的影子,以后就有许多的日本兵戴上了宪兵的臂章。只是阻止若干普通的事,反而干起坏事来,更方便了。据我们所知,犯强奸罪被逮捕的士兵,只是形式上遭些斥责,而不受任何惩罚。犯抢掠罪的士兵在长官面前敬个举手礼也就算了事。有一天晚上,日本兵乘着车,在长官的指挥下,袭击了金陵大学。把我们的看守人捆了起来,强奸了三个妇女,并带走一人。而且被强奸的三人中有一个是年仅十二岁的孩子。

 

五万人以上の日本兵が南京で横暴な振る舞いをしている時に、憲兵はわずか十七人しか到着しておらず、何日経っても一人の憲兵の姿も見ることはなかった。その後しばらくして多くの日本兵が憲兵の腕章をつけるようになった。但しこれは若干の普通の事件を阻止する程度のことであり、それがかえって悪事を働くにはさらに便利なことであった。我々が知ったところでは、強姦罪で逮捕された兵士は、ただ形式的に少々の叱責を受けただけで、何らの懲罰も受けなかったし、略奪罪を犯した兵士は、上官の面前で挙手の敬礼をすればそれで済むというものだった。ある晩、日本兵が車に乗車して、上官の指揮の下で金陵大学を襲撃した。彼らは我々の看守人を縛り上げてから、三人の女性を強姦して一人を拉致していった。しかも、強姦された三人のうちの一人は、年齢わずかに十二歳の子どもだった。

 

L女士一直以为我在巴奈号事件中死亡或是受伤了。因为她没有收到我在南京的报告。而且东京的各级报纸都报道说南京的外国人都乘上了炮艇和汽船离开了南京。后来,她读了某报纸上二个日本男人入城后访问我的记事,才放心了。原来是她的朋友,委托报社的人来访问我的。(可是日军进城是十三日,巴奈号事件是十二日,消息传出已迟)。正月元旦,我收到了他们带来的书画和信。当然经过了日本大使馆方面的检查。但不管怎么说,总算是消除了我们彼此之间的担心。十一月八日以来,她用各种方法给我发信,几次打电报,而除了这封信外,其余那些我什么也没收到。十二月十七日的信上写着她一月上旬想从东京到上海来。但以后就再也没有消息。若是我们附近的美国炮舰带来无线电,我一定要听听上海方面的消息。

 

L女史は私がパネー号事件で死亡したか負傷したかとずっと信じ込んでいた。それは私の南京報告が彼女に届かなかったことに加えて、東京の各級新聞社が南京の全ての外国人が護衛艦と汽船に乗って南京を離れたと報道していたからであった。その後、彼女は、某新聞紙上で二人の日本人男性が日本軍の入城後に訪問したという私の記事を読んで、そこではじめて安心したという。これはもともと彼女の友人がその新聞社に委託して私を訪問させたからであった。(しかし、日本軍の入城は13日であり、パネー号事件は12日であったから、この情報が伝わったことは時間的に合わない)。正月元旦に、私は彼らが携えてきた書画と手紙を受け取った。当然その手紙は日本大使館側の検閲を受けていただろうが、どのように言われたかにかかわらず、まずまず我々はお互いの間の心配事が消えたのである。十一月八日以来、彼女は様々な方法で私に手紙を寄こし、何通かの電報も打ってきたようだが、この手紙を除いて、私自身はそれ以外の何の便りも受け取っていないのである。十二月十七日付けの手紙に、彼女は一月の上旬に東京から上海に行きたいとあったそうだが、その後ふたたびの連絡はなかった。我々は近くのアメリカの砲艦が無線機を持ってきたならば、是非とも上海方面の消息を聞きたいと思っている。

 

但是日军还不允许我们去城外。肯定也不会允许她从上海来南京的。我们这种状况要持续到何时呢?无法得知。中国人很担心美国人和其他外国人都被强制撤离南京。我在尽量努力和日本使馆人员,半官半民的日本人以及品行较好的日本军警交往,其实这是非常困难的工作。南京陷落已有四周了,如果说在这期间我的体会的活,那就是炮弹轰炸并不可怕。可是前途又怎样呢?

 

しかし、日本軍は我々が場外に出ることを依然として許していなかった。きっと彼女が上海から南京に来ることも許可しないだろう。我々はこの種の状況がいつまで続くのかわからなかったし、それを知る方法もわからなかった。中国人は、アメリカ人やその他の外国人がみな強制的に南京から撤退させられるとひどく心配していた。私は日本の大使館員や、半官半民の日本人および比較的友好的な日本の軍警の人たちとお付き合いするように努めているが、その実これは非常に困難な仕事であった。南京が陥落して四週間になるが、かりにこの期間に我々が体験したことについて語るとすれば、それは砲弾や爆撃が全く恐ろしくなくなったことである。しかし、これから先はどうなることだろうか?

 

这封信的内容杂乱无章,正如南京目前的状况相同。我应该早就提及,中国军队根据军事上的需要,有计划地烧掉城外的村落并征收粮食运走的事情。当时大家非常担心中国军队不可避免地要溃败,要进行巷战(实际是没有进行巷战)以及因此普通市民会遭到损害。可是,这仅仅是担心而已。实际上,任何重大的事件也没发生。相对来说,中国士兵十分良好。

 

この手紙の内容は乱れていて秩序がない。まさに現在の南京の状況と同じようである。私はかつて、中国軍が軍事上の必要に基づいて、計画的に城外の村落を焼き払い、食料を徴発して運び去るという状況を予測した。また、当時は誰しもが中国軍の壊滅は免れないだろうし、市街戦が起こり(実際には市街戦は起こらなかった)、それによって一般市民が損害を被ることを非常に心配していた。しかし、これはただ心配しただけのことであって、実際には何らの重大な事件も発生しなかった。相対的に中国兵士の方が良心的だったと人々は言っているのだ。

 

这封信决不是为了引起日本人的反感而写的。日军经常以虚伪的宣传掩盖其罪恶。这封信正直地写了日军的暴行。我认为最严重的是,由于日军的放纵与疯狂,使此次侵略战争所带来的苦难倍加惨重。而且将来会更加悲惨,更加黑暗”。

この手紙は、決して日本人の反感を引き起こそうとして書いたものではない。日本軍がつねに虚偽的な宣伝でその罪悪を隠蔽しようとしているので、この手紙で日本軍の暴行を正直に書いただけのことである。最も重大な問題は、日本軍の放縦と狂気によって、侵略戦争がもたらした苦難を倍加してさらに悲惨なものにさせていることだと私は認識している。しかも、将来にわたってその悲惨さの上に、さらに暗黒が加わってくるのである」。

 

下面的信是又过了一周之后写的,我觉得不如前面的具体,但能表达当时的情况和气氛:

 

次の手紙は、さらに一週間後に書かれたもので、前者ほど具体的なものではないが、当時の状況と雰囲気をよく伝えているものと私には思われる。

 

“自你离开南京以后,形势大变。我们的学校被关闭,教员和学生都陆续到安全或比较安全的地方去避难,留在南京的人准备应付一切可能发生的事情,中国军队撤退已不可避免,我们预想,中国军队撤退时会发生若干的纠纷,或许避免劫掠。我们设置了难民区,全城的难民纷纷迁入。难民区南至汉中路,东至中心路,北至山西路(实际从山西路更进一步往北延伸),西至西康路(该路在金陵女子文理学院的西面,越过高坡,直到上海路和汉口路的交叉口)为界划分的。这一条直路形成难民区的西南界线,通过了神学院的男生宿舍。我的考虑是这样划界,附近的居民和难民区同样的安全,难民的全体市民几乎都可以进入这个境内。每一个房屋都有难民。由于圣经师资训练学校收容所没有负责人,我请美国教会的牧师搬到女职员宿舍,负责这方面的工作。我们非常忙碌。圣经师资训练学校收容的难民约四千人。神学院的难民三千一百多人,当然是很多人挤住在一间茅草房屋里。难民区是茅草的世界,一点公共设施及个人住宅的空隙也没有。

 

「あなたが南京を離れた後に、状況は大きく変化した。我々の学校は閉鎖され、教員や学生はみな次々に安全なあるいは比較的安全な地域に避難していった。南京に留まる人間は発生するであろうすべての事態に対応すべく準備をしていた。中国軍の撤退はすでに避けられなかったので、我々は、中国軍が撤退する際に若干の紛糾、あるいは、略奪などは免れないものと予想していた。そこでm我々が難民区を設置したので、全市の難民たちが続々と入城してきた。難民区は、南は漢中路まで、東は中心路まで、北は山西路(実際は山西路よりさらに少し北に延びていた)まで、西は西康路(該路は金陵女子文理学院の西方で、急な坂を越えて上海路と漢口路の交差点に到る)までの区画に分けられていた。この一本の真っ直ぐな道は難民区の西南の境界線を成し、神学院の男性宿舎に通じていた。私は、このような地区の付近に居住する人々は難民区と同様に安全だと思っていたし、難民区全体の市民のほとんど全部がこの境界内に入ってきた。その結果、どの家屋もみな難民であふれていた。聖職者訓練学校の収容所には責任者がいなかったので、私はアメリカ教会の牧師に、女性職員の宿舎に移ってもらって、その方面の仕事の責任を担っていただくことにした。我々は非常に忙しかった。聖職者訓練学校の収容所の難民は約四千人で、神学院の難民は三千百人以上に上ったが、当然のことながら大半の人々は茅葺きの粗末な家にひしめき合って住んでいた。難民区は茅葺きの世界で、ほんの少しの公共施設や個人住宅用の空間はなかったのである。

 

日军进城前,我们一直以为秩序很快就能恢复,和平会来,难民们很快就能返回家园和平地生活。可是,结果却全然相反,我们完全惊呆了。日军在光天化日之下,掠夺,酷刑,虐杀,强奸,放火····。可以说干尽了可以想到的所有的罪行,我们没有听说过比这更残暴的了,南京已完全成了活地狱。无论任何物,任何人都失去了完全。日本兵看到任何东西,只要他们喜欢,就拿走。不喜欢,就加以破坏。看到女人就强奸,反抗必遭杀害。对于拒绝的妇女,就在其面前,把一旁哭着的孩子杀死。一个日本兵在布朗的住宅(那里约有一百五十名避难)正要强奸一个妇女,因为刚刚出生四,五个月的婴儿哭了起来被残忍的日本兵杀死了。圣经师资训练学校收容所的一个妇女竟然遭受了十七次强奸。后来经过我们交涉,日本方面开始大规模往收容所入口派遣卫兵。可是这些卫兵也是常常强奸妇女。每日,每夜我们都收到日军强奸妇女的报告。而且强奸事件与日俱增,把人们置于难以置信的恐怖之中。

 

日本軍が南京に入城する前までは、すぐに秩序は回復し平和も訪れ、難民たちも家に帰ることができて穏やかな生活を取りもどすことができるものと我々は考えていた。しかし、かえって全く逆の結果となり、我々は驚きあきれてしまった。日本軍は白昼堂々と、略奪、酷刑、虐殺、強姦、放火といった、想像しうるあらゆる罪行をやってのけたと言ってよいだろう。我々はこれよりさらに残虐な行為は聞いたこともない。どのような物であれ、どのような人であれ、全てが完全であるものはなかった。日本兵は、たとえどんな物を見ても、気に入りさえするばすぐさま奪い去ったし、気に入らない物は直ちに破壊した。女性を見ればすぐに強姦し、反抗すれば必ず殺害した。強姦を拒絶する婦女や、その面前で泣いている赤ん坊なども斬り殺したのである。ある日本兵がフラン氏の住宅(そこには約百五十名が避難していた)で一人の女性を強姦しようとしたが、生後四、五か月の赤ん坊が泣き止まなかったので、その日本兵は残忍にも赤ん坊を殺してしまった。聖職者訓練学校の収容所のある女性は、こともあろうに十七回も強姦された。その後、我々の交渉の結果、日本側は収容所の入り口に衛兵を大規模に派遣するようになったが、この衛兵たちこそが日常的に婦女の強姦を行うことになったのだった。毎日毎夜、我々はみな日本軍の婦女暴行の報告を受けた。しかも、強姦事件は日に日に増加していくばかりで、人々を信じがたいほどの恐怖に陥れたのだった。

 

尽管如此,我们仍抱有希望。我相信,总有一天会好起来。然而何时才来呢?完全无法预计。很多的人家被烧毁,到现在仍有许多的商店,房屋在燃烧。每日每夜我们都能看到城里燃烧着的火光。太平路和中华路一带几乎变成了一片废墟。礼堂街的教堂和青年会也一起化为灰烬。即使难民们从难民区出去,也无家可归呀。据说新华村也被火烧了,只有乡村教会训练所幸免。

 

このような状態であったが、我々は依然として希望を持ち続けていた。私は最後には良い日が来ることを信じていた。しかし、それがいつやってくるかを予測することは全くできなかった。多くの人家は焼き払われ、今もなお多くの商店や家々が燃え続けている。毎日毎夜、我々はみな城内で燃えている火の光を見ることができた。太平路と中華路の一帯はほとんどが一片の焦土と化した。講堂街の礼拝堂と青年会もまた同時に灰燼に帰した。難民たちが難民区から出たとしても、もはや帰る家はなくなっていたのだ。新華村も焼かれたが、わずかに郷村教会訓練所だけは幸いにして焼かれていないと聞いている。

 

难民区内的难民总数已达十五万以上。仅仅我们的收容所就有六万人以上的难民。如此重大的难民问题,落在我们肩上。六万难民中,有一部分是我们必须提供食粮的,而且我们所有的食粮已经不多了。如果不想办法增加贮粮,他们都不可避免要陷入饥饿。国际委员会现有的米最多能维持三周。三周后将做如何打算呢?我们也无法运筹。日军没收了很多中国人贮藏的粮米,我们向他们商买若干,他们根本不予理睬。战争不会很快结束,很明显他们在备军粮。我每天忙于分配粮米,里格斯忙于去各厨房分配柴煤,其他人也都在为了改变现状而努力于各自的工作。我们的工作相当艰难。我们在奋斗,我们相信上帝会保佑我们。

 

難民区内の難民の総数はすでに十五万人以上に達しており、我々の収容所だけでも六万人以上の難民がいて、この重大な難民問題が我々の肩の上に掛かっているのである。六万人の難民の中には、我々が食料を提供しなければならない人々がいた上に、しかも、我々が所有する食料もすでに少なくなっていた。もし、貯蔵の食糧を増やす方法を思いつかなければ、彼らがみな飢餓に陥ってしまうのを避けることはできない。国際委員会が現在所有している米は多く見積もっても三週間が維持できるに過ぎない。三週間後をどのように対処するかについて、我々には何らの見込みも立たなかった。日本軍が多くの中国人の貯蔵米を没収していたので、我々は彼らに若干の譲渡を要請したが、全く聞き入れてはもらえなかった。戦争が早期に終結する様子がなかったので、明らかに彼らは軍用米を蓄えていたのであった。毎日私は米の配給に忙しく、リグスは各炊事場への薪炭の分配で多忙であり、その他の人々もみな現状の改善に努め、各々の仕事に精を出していた。我々の仕事は困難を極めていたが、神が我々を助けて下さるものと信じて奮闘し続けている。

 

我和斯密思女士访问了圣经师资训练学校的三个雇用的人及学校的工人和她的佣人,原因是我必须发给他们工资。我与他们商量,得到的回答是:需要钱是:需要钱时,请别客气地提出。神学院方面的经费包括各管理人员的生活费,这也是我的责任。不过经费目前对我来说还不是大问题。在这样困难的时期,这些佣人能给我帮助,使我非常高兴。

 

私とスミス女史は、聖職者訓練学校を訪問して、三人の臨時職員、学校で働く労働者および彼女の私的な雇い人などに会った。というのは、彼らに賃金を払わなければならなかったからである。私は彼らと相談して、金銭が必要な時は遠慮せずに申し出るように言い渡した。神学院方面の経費は各管理人たちの生活費も含んでいたので、そうすることは私の責任であったが、この経費の問題は、現在の私にとってたいして大きな問題ではなかった。このような困難な時期にあって、彼らが私を助けてくれたことは非常にうれしかった。

 

英国大使馆的某某,今天去上海,我托他带上此信。英国大使馆的官员预定最近乘炮舰来南京。有信请交英国驻沪领事馆转来。

 

本日イギリス大使館の某氏が上海に赴くので、私は彼にこの手紙を托した。イギリス大使館の館員が近く砲艦に乗船して南京に来る予定なので、上海駐在のイギリス領事からの返信をもらうように要請した。

 

再有我们的住宅无论是中国人的,还是外国人的都被日军搜索了。房屋本身没有太大的损害。日军进城前,有一发炮弹落在离学生宿舍五十英尺的院子里,稍有损害。书籍和大件的家具损失尚少,但较为轻便的物品,诸如衣物,食物,珍饰,被褥,汽车,自行车,牛,马,猪,鸡,家畜等,几乎一扫而光。写的越冗长,就越痛心,就此搁笔吧。

敬祝贵夫妇康健。

某某一九三八年一月十六日于南京。”

 

追伸。我々の住まいは、それが中国人のものであろうが、外国人のものであろうが、すべて日本軍に捜索されたが、家そのものの損害はたいして大きくなかった。日本軍が入城する前に、一発の砲弾が学生宿舎から五十フィート離れた中庭に落下したが、損害はほとんどなかった。書籍や大きな家具の被害は少なかったが、衣服、食べ物、装飾品、蒲団、自動車、自転車、牛、馬、豚、鶏、家畜のような比較的持ち運びのしやすい物品は、ほとんどすべてが一掃されてしまった。こうして長々と書いていると、心が痛んでくるので、この辺で筆を置くことにする。

ご夫婦の健康を祈る。

一九三八年一月十六日 南京にて 某々」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE

 

 

PAGE  69

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です